奈川新奈川温泉鳥屋沢からの便り プチてんから岩魚釣り!

お盆が過ぎました。そして奈川小中学校の短い夏休みも今日8月19日で終了です。山の夏は短いです。どこにも連れていってやれなかった息子と映画鑑賞してきました。午前中で終わり午後は釣りに誘おうと思いましたが今やゲームに夢中らしいです。小さな頃は山菜採りやキノコ採りに一緒に行ってくれたのにね。。。
まあ、仕方ない。ということで今回も夕まづめのてんから振ってきました。
081901
慌てて帽子を忘れてしまいました。偏光グラスもコーティングが剥げ眩しいです。
081902
相変わらず雨が降らないので川も渇水です。お盆中釣りのお客様が大勢いらっしゃったのでプレッシャーも高いようです。全く生命反応なし!魚いないのか?と思うくらい全く反応がありません。岩魚たちも夏休みかな?何て思って気を抜いてるとパシャッと毛鉤に反応します。なんだいるじゃないか!俄然気合が入ります。
が、しかし、その後全く反応してくれません。番兵めまた知らせにいったな(笑)
081903
暗くなりかけてきたので場所を下流に移動しました。当然ここも渇水です。姿勢を低く構え石脇、石裏、落ち込みを丹念に攻めていきますが反応がありません。瀬にも出ないから上の淵に潜んでるかな?
081904
ここにしかいない!ここで勝負だ!(というか、もう時間切れ)
そう決め込み数回流すものの流芯に入って行きません。
手返しよく数回振って反応がなければ直ぐ移動するのが基本ですが魚が上(表層)を向いていないので思いっきり沈めます。
グン、来た!!!表層で出る時と違って毛鉤を沈めると長く咥えているので重みを確かめてから合わせを入れます。
081905
おほっ、意外と大きい。竿のシナリとグリップの手応えからバラす確率0の予感!(本当は自信がないがどうしても写真を撮りたかったので。。。)
081906
上顎にしっかり入ってます。
081007
泣き尺かどうか?
081908
ホッ、31㎝の尺岩魚(♀)でした!ここは岩魚域、山女魚はいません。周りが暗くなってきてこれからもチャンスなのですが今日は納竿です。実は茸採りの後遺症でまだ筋肉痛なのです。無理して転んだりしても誰も褒めてくれませんからね(汗)
081910
今日の岩魚はお持ち帰りです。腹を裂き内蔵を串焼きで晩酌のアテに。身は冷凍庫へストック。食べられる部分は残さず全てご馳走になります。川の神様ありがとうございました(礼)

奈川新奈川温泉鳥屋沢からの便り 夏の松茸採り!

夏の松茸シーズンがやって来ました。去年、一昨年と不作だったので今年は期待したいところです。茸の出る条件のひとつは湿りです。松本中央や安曇野市は結構湿りがあったようです。諏訪の花火もはじまって以来中止になるくらいの落雷と降水でした。しかし奈川はパラパラ、最近まとまった雨も降っていません。
matu081601
今年もお世話になるスパイク足袋
matu081602
仲間とボートに乗りいざスタート!数日前は多少良かったらしいく山仲間が松茸を届けてくれたので少しは期待も膨らみます。
matu081610
目的の場所へ向かう途中地蜂の巣が荒らされていました。犯人はクマさんです。残念ながら?クマさんにはお会い出来ませんでしたがカモシカが目の前に来ました。iPhoneを向けると風のように立ち去ってしまいシャッターチャンスを逃しました。しかしまさにカモシカの足。あの足が欲しい!
matu081606
実はこの山、写真ではわかりにくいですがかなりの急斜面。健康な状態でも息が上がり膝もガクガクになります。仲間たちは今日で3回目で大分慣れてきてます。私は今季初めて、しかも1月に骨折しほぼ完治はしたものリハビリ中の運動不足状態。
今日は試練のつもりで向かいます。
matu081605
山が乾いてカンカンしています。毒キノコも乾いてパサパサしています。目的のシロに着きましたが松茸は見当たりません(写真はイワタケ)
①ひたすら登る!②休憩③シロに着く!④そしてシロに松茸はない!偶にサルにやられている①〜④を2時間ほど繰り返しもうクタクタです。当然水分補給はしますが既に500㎎が2本空きました。試練は仕方がないのですがないと余計に疲れが増します。と、その時!
matu081607
あった!と仲間の声。おおお、こんにちは松茸さん、いつもお世話になっております。昨年はお目にかかれず残念でしたが今年は沢山会ってくださいね。どうぞよろしくお願い致します(礼)
ってベテランの山仲間じゃないと見つけられないほどの恥ずかしがり屋さんです。
そしてシロ跡を辿ると!
matu081608
おおお、今度は私にもわかるほど積極的な目立ちがりや屋さん。こんにちは。
matu081609
これでボウズ(釣りで言う魚が1尾も釣れないこと)は免れました。でも雑茸がないですね。ボウズ(ショウゲンジ、コムソウともいう菌の種類)チタケ(チチタケ)も数えるほどで干からびています。アミタケは終わったな。。。
12時近くになりました。二手に分かれた仲間たちと合流しダムまで下りお昼にします。
matu081611
ゴク、ゴク、ゴク。この水が旨い!500㎎ペットボトル3本も終わりここで補給しました。
matu081612
別の尾根に入った仲間たちも十数本採れたようで一安心。お昼を食べて少しお昼寝、足と膝がカクカクいってます。午後はヤバイかも(汗)
matu081613
友達の丸山則文さんのお店、うす焼きカフェ豆まめ!見えますか?
さて、ここでiPhoneがバッテリー切れ。
私の身体もバッテリー切れ。
今季初の入山は17時に終了。
山の洗礼を受けクタクタになりながら宿に戻り温泉に浸かります。
そうだ、フェイスブックのコメントを返そうと思ったら投稿が消えていました(汗)
消えてしまった原因がわかりません?コメント応援してくださった皆様ありがとうございました。お陰様で結果は!!!
matu081615
じゃじゃ〜ん!
じぇじぇじぇのぎょぎょぎょ!ご覧の通り約80本です。湿りもなくて条件も、茸の状態も特別良いわけではありませんが幸先の良いスタートとなりました。
体重計に乗ると3kgの減です!
ヘナヘナの身体で充電切れでしたが慰労会のビールで満タンになりました。。。
そして次の日、いたたたた、完璧な筋肉痛(汗)
山の神様、山仲間の皆様、お陰様で事故も怪我もなく無事戻ることが出来ました。
ありがとうございました。

※この山は留山(入札山)で一般者は入山できません。ボートは許可を受けており通常はボート禁止区域です。

奈川新奈川温泉鳥屋沢からの便り 逃暑プチ釣行!

8月9日夏本番。涼しくて快適な奈川も日中はさすがに暑いです。夕方になって川を覗いたら釣りに行きたくなりました。餌をとる時間もありませんのでテンカラ(毛鉤)釣法です。タイムリミット約1時間果たして渓魚たちは振り向いてくれるのでしょうか。

080901

 

鳥屋沢裏の黒川に入ります。

080902

 

うっ、ここで数回振って直に掛かったのですが痛恨のばらし、岩魚でした・・・涙
暫く反応がありません。鳥屋沢裏の黒川は薮が覆い被さっているのでテンカラは振りにくく中々思ったポイントに入りません。暫くやってなかったのでヘタクソになったという理由もありますが。。。最近はしていませんが思いっきりラインを短くし提灯テンカラに切り替えました。

080903

 

おっ、来た!元気よく出てくれたのはこのサイズのちびアマゴ。
その後も幼稚園児たちは元気にお遊戯してくれます。お兄さんやお姉さんたちは何処?反応がないまま時間が過ぎていきます。きっと最初バラした岩魚兄さんが番兵で知らせに行ったに違いない。。。
いやあ、しかし渓は良いですね。サラッと風が吹き天然クーラーが火照った体を慰めてくれます。足下はウエットタイプの足袋なので川の水も心地が良い。雪代残る春の渓も好きですがやはり夏の渓が気持ちよく大好きです。

080905

 

夕方7時近くなると渓は真っ暗。足下も見えなくなってきたので今日は納竿。1時間弱のプチ釣行でしたが涼を求める目的は達成。もちろん幼児たちはすべてリリースで遊んでくれたことに感謝です。
さて、今日もひとっ風呂浴びてビールでも飲みましょうか。
渓の神様ありがとう。そしてかんぱーい!

まだまだ暑い日は続きます。涼を求め奈川にお越し下さい。天然クーラーが貴方をお待ちしております。