ゆく年くる年 奈川新奈川温泉鳥屋沢

12月31日大晦日 今日は少しゆるんだかなと思いましたが外は結構な雪でした。さて昨日に引き続き年越し蕎麦の打ち込みです。うっ、寒。まずは薪ストーブに火を入れて。。。
薪ストーブ
冬至は過ぎましたがまだまだ日が出るのが遅いですね。
蕎麦1
手が冷たいですが一枚打つと体はポッカポカ。
5枚打ったところで外を見ると雪が大分積もってきました。あっ雪かきをしなければ。いつものように当館一番の働き者、除雪ドーザーさまの出番です。彼がいなければかなりの重労働。いつもありがとう。
ドーザー
除雪が終わった頃雪は止みました。そして晴れ間さえも。だったら最初から降らないで。。。まあ冬ですから仕方ないです。

さて、2013年も後数時間ですね。皆様はどんな一年でしたか?
今年はお陰様でいろいろなお客様にお越し頂きました。またFacebookで知り合った方との素敵な繋がりで奈川の蕎麦を多くの方に知って頂けたことも大変嬉しく充実した一年でありました。この場にてあらためて皆様に感謝いたします。
ゆく年、この一年間本当にありがとうございました。
くる年、2014年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって素敵な年となりますよう心から祈願しております。
良いお年を。
鳥屋沢 一同
tosikosi

富士乃湯の懐石料理&鳥屋沢のとうじ蕎麦

信州松本浅間温泉の富士乃湯さんの懐石料理と信州松本新奈川温泉の鳥屋沢のとうじ蕎麦コラボが実現しました。とうじ蕎麦のコラボは今年1月に新年会をさせて頂いた加藤考次さんのお店酒房食海さん以来です。その時の様子は→こちらをご覧ください。
奈川のとうじ蕎麦を食べたい方は大勢いらっしゃいますが中々奈川に来られない方々のため友人である吉田一樹さん(川崎会計事務所所長代理)の提案で浅間温泉の富士乃湯ご主人の二木伸次さん、若女将である奥様の二木範子さんのご協力を得て忘年会コラボが実現しました。
527479_204460166329417_2000713446_n
imgp0561-1-thumb-410x271
歴史ある信州松本の富士乃湯さんの佇まいです。なんでも鑑定団でも紹介された「日本美術院の四天王」といわれる西郷孤月の掛軸が展示してあります。素晴らしいですね。
1456688_542050379224712_816629120_n
早めに富士乃湯さんにお邪魔し蕎麦を打たせて頂きました。
IMG_0460
開宴の時間。
IMG_0461
ご主人二木さんの絶品懐石料理に舌鼓。今回集まったメンバーはFacebookを通じて知り合った松本市周辺の友人たちです。伝統ある富士乃湯さんで奈川のとうじ蕎麦を振る舞い知って頂けることは本当に嬉しい限りです。
IMG_0466
楽しい宴は続き一足早いサンタさんも登場です。
IMG_0509
IMG_0511
若女将のサンタ仕様の帯も可愛く素敵ですね。
1441262_486099464837524_723694707_n
1479862_579277772153243_1390210796_n
私自身も忘年会のメンバーでもありますが蕎麦をお出しするまで酔う訳には行きません。タイミングを見計らい蕎麦を茹でます。
1461115_585275584874292_243993685_n
今年一年を振り返り皆さまの健康と益々のご発展を祈願し締めに入ります。
F0VJTd
温泉でまったり。
1483875_579521735462180_52720353_n
美味しい朝食で至高なひと時を過ごさせて頂きました。

富士乃湯さんの懐石料理はもちろん私の打った蕎麦も皆さま大満足して頂いたようです。きっかけを与えてくださった吉田さんをはじめ会場を快く提供してくださった富士乃湯ご夫婦には大変感謝をしております。またコラボ忘年会に参加して頂いた友人皆さまにも心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

野沢菜醤油漬うまし 奈川からの便り 

信州奈川、新奈川温泉鳥屋沢の野沢菜漬け。そろそろ菜っ葉を漬けようか?いつ漬けるの?今でしょ!と言うことで今年は少し遅れ気味のスタートです。
野沢菜漬けは塩、味噌、醤油、辛子漬けなどありますが鳥屋沢では塩と醤油で漬け込みます。塩漬けは母の担当。醤油漬けは妻の担当です。今回は妻が漬ける醤油漬けの紹介です。
20131204野沢菜2
根元についた土やカラマツの葉をキレイに洗い流します。この時期あたり前ではありますが奈川の山水はゴム手をしても手が氷るほど冷たい。
20131204野沢菜3
一段並べたら分量の醤油と酢、ザラメを振り掛けます。そしてもう一段互い違いに重ね分量の醤油と酢。これを繰り返し敷き詰め中段と最上段に鷹の爪を適量入れ重石をして完了です。
20131204野沢菜1
野沢菜の醤油漬けは2週間から3ヶ月で浅漬から古漬けの変化が楽しめます。どれも味わい深いのですが個人的にはその過程で凍みた菜っ葉(野沢菜)を取り出しシャキシャキの醤油漬けがたまらなく好きです。プラスサバ缶があればそれは黄金の組合せ!ご飯何杯もいけてしまいます。
師走。信州奈川も何度か雪も降り冬の訪れです。皆さまも風邪など召さずこの冬を健康で乗りきりましょう。