安曇漁業組合から遊漁券改正のお知らせ

2017年2月4日立春。暦の上では春ですがまだまだ寒い信州奈川。来週から天気が崩れ雪模様の予報。しかし野麦峠スキー場も元気に営業中ですのでまだまだ降ってもらわなくては困ります。

そして岩魚、山女魚、サクラマスたち渓魚も実は雪が大切なんです。雪がたくさん降ると雪代(雪が解けて川に流れ込む水)が多くでます。雪代が多いと川虫などの水生昆虫の発生が多くなる傾向がありそれらを主食としている渓魚たちも増えるということになります。また春の恵みである山菜にも田んぼ畑、農家にとっても雪は大切なんですよ。
釣り人Gちゃん
さて、前置きが長くなりました。
渓流釣りファンの皆様、そして奈川ファンの皆様、2月16日渓流釣り解禁となります。
そこでお知らせです。
奈川も含む安曇漁業協同組合管轄河川の遊漁料が日釣券500円から1,050円に年釣券3,500円から4,200円に改正されました。



近隣の漁協が遊漁券値上げをしていましたが安曇漁協もようやくという感じです。河川規模と魚影の濃さを考えますとこれでも良心的な料金なんですよ。
今シーズンもルールやマナーを守りステキな渓魚たちと出逢って下さい。

因みに鳥屋沢裏の本日の黒川です。うーん管理人が竿を出すのは5月頃ですね。