究極のモヤシ山葵はじまりました修行編

今年もこのシーズンがやって来ました。
毎年同じことをアップしてますが究極のモヤシ山葵(ワサビ)とは標高が高く雪の積もった沢が雪洞状態になり直射日光があたらずその中で育った白い茎の山葵のことを指します。香りはもちろん口にすると頭の中で辛さが三回転ひねり?のウルトラC!鼻からツーーーーーーーーンと抜けるアクのない超爽やかな辛さが特徴です。
と言うことで山菜採りのスタートは山葵採りからが私達の山開きであり大事な儀式?となってます。今季は昨年より雪は多かったので約一週間遅れの4月15日行きました。

思った通り昨年より雪が多く残ってます。徒歩で現場に向かいますが片道2時間コース(トホホ)

親方先ずは余裕のポーズ。

昨年ここには雪がありませんでした。

日当たりの良い場所は溶けてますが相変わらず崩落です。

ガッチ(雪がガチガチ硬いこと)になっていれば歩きやすいのですが緩んでいるのでズボズボ沈み歩きにくい。邪魔になってもカンジキかスノーシューを持ってくれば良かったなあ。

写真では分かりにくいですがこの日の山奥ははみぞれ混じりの雨でかなり寒いです。
天気が良ければここから乗鞍岳が綺麗に見えます。

タラの芽はまだまだですが


クマさんは冬眠から目覚めているようです。

雪崩も来てますね。

スタートして2時間10分ようやく現場に到着。昨年より30分以上余計に時間が掛かってます。雪道が殆どで腿を上げての歩行なのでかなり足腰に来ています。
雨も更に強くなってきました。
山の神様、これも修業なんですね。


ん、えっ、ちち、小さいじゃない!今年はまだ早かったようです。
究極のモヤシ山葵はまだこんな大きさ。
こればかりは来てみないとわからないんです。
山の神様、これも修業なんですね。。

しかし折角なのでこの小さな山葵の葉を丁寧に採り少量ですが頂くことにしました。
ただし根を採ってしまうとあっという間に絶えてしまうので殆ど持ち帰りません。来年も再来年もずっとこの恵みを楽しみたいからです。
2時間掛けて辿り着き採る時間は1時間弱。
帰りも同じく2時間コース。まさに究極のモヤシ山葵・・・採りです。
行きは会話も弾んでましたが帰りは口数が少なくなり出る言葉は膝が痛い腿が痛い腰が痛い・・・年寄りか!いやいや日頃の運動不足です。
山の神様、これも修業なんですね。。。

山奥のホウケンボウチョウ(蕗の薹)はまだ出始め。これも道中摘みながら、そしてヘロヘロになりながら無事帰宅。

帰ってからの仕込みが大切。
先ずは瓶を煮沸消毒。

流水で泥やゴミをキレイに洗い流します。


沸騰したお湯に洗った山葵の葉を入れ

サッとかき混ぜ(くぐらせる程度)

直ぐにザルなどに取ります

煮沸消毒した瓶に詰め

蓋をして常温で冷まして完成。
一晩から二晩冷蔵庫で寝かせば「究極のモヤシ山葵」の出来上がり。
里の葉山葵は塩で揉んだり砂糖を足したりと状況に応じ工夫も必要ですがこのモヤシ山葵は一切その必要がありません。
明日から鳥屋沢のお食事には必ずお出ししますが今年は少なめですのでなくなるのが早そうです。

山の神様 ありがとう。

安曇漁業組合から遊漁券改正のお知らせ

2017年2月4日立春。暦の上では春ですがまだまだ寒い信州奈川。来週から天気が崩れ雪模様の予報。しかし野麦峠スキー場も元気に営業中ですのでまだまだ降ってもらわなくては困ります。

そして岩魚、山女魚、サクラマスたち渓魚も実は雪が大切なんです。雪がたくさん降ると雪代(雪が解けて川に流れ込む水)が多くでます。雪代が多いと川虫などの水生昆虫の発生が多くなる傾向がありそれらを主食としている渓魚たちも増えるということになります。また春の恵みである山菜にも田んぼ畑、農家にとっても雪は大切なんですよ。
釣り人Gちゃん
さて、前置きが長くなりました。
渓流釣りファンの皆様、そして奈川ファンの皆様、2月16日渓流釣り解禁となります。
そこでお知らせです。
奈川も含む安曇漁業協同組合管轄河川の遊漁料が日釣券500円から1,050円に年釣券3,500円から4,200円に改正されました。



近隣の漁協が遊漁券値上げをしていましたが安曇漁協もようやくという感じです。河川規模と魚影の濃さを考えますとこれでも良心的な料金なんですよ。
今シーズンもルールやマナーを守りステキな渓魚たちと出逢って下さい。

因みに鳥屋沢裏の本日の黒川です。うーん管理人が竿を出すのは5月頃ですね。

奈川の茸豊作祈願松茸待つ茸

奈川の松茸!今年はどうでしょう?昨年初日より約10日間遅れの9月22日行ってきました。しかし台風の影響もありこの日は大雨。普通こんな日には行かないのですが待ちに待った湿りでもあり特別に出撃です。
ドングリ、栗は豊作のようであちこち枝が落ちてます。今年は熊が多く十分気をつけなければなりません。先ずは儀式の爆竹をと思ったのですが雨で着火できません。
img_9261
そこで今流行の儀式?ホクトプレミアム!と叫んでみる・・・
0fef7153b1f3525ea98c24936f5c32f6
img_9266
ドーン!いきなりの洗礼。猿が頭をもぎ取りあちこちに放り投げ。昨年も多かったが今年は特に酷い。こればかりは山に住んでる人には、いや猿には敵わない・・・
img_9259
ここは舞茸のシロだけど最近は出ないんだよなあと親方。
しかしなんと今年は出ているではないか!
しかしなんとバクサレ、つまり遅かった。残念無念。もう一つのシロに目を移すと良さげなのもある。よしあれは帰りに確認しよう。雨足も強くなってきたので先を急ぐ。
img_9267
よし、猿に襲撃されずよく残ってくれました。無事回収!
img_9264
そしてシロフ(ホンシメジ)発見、これは嬉しい。
img_9271
小雨になってきたので暫し休憩し二手に分かれた仲間たちと合流。今日は午前中で終了です。さてあの舞茸を確認に行こう。
img_9273
おおおおお!腐らず残っていた舞茸に感謝。
img_9275
見てくださいこの大きさ。親方もご満悦!今日はもう思い残すことはありません。
img_9280
無事帰路につき仲間と恵を分配します。
img_9282
本日の戦利品。
ハナビラダケ ボウス(コムソウ) タマゴダケ アミタケ サクラシメジ 岩茸 松茸 舞茸 ホンシメジ!
出足は遅かったが恵みに感謝。今年はこの後一気に出て一気に終わりそうな予感もしますが期待したいところです。

山の神様 ありがとう。

天宮大明神 奈川獅子

平成19年3月30日に松本市重要無形民俗文化財に「奈川獅子」として指定された信州奈川寄合渡のお祭りを紹介します。
その昔・・・
実りの秋、豊作を目前にしたこの地に一頭の大獅子が現れ農作物を荒らし人々を苦しめました。
困り果てた村人がこん棒片手に立ち上がり大獅子を仕留めるまでを約2時間かけ五節の獅子舞で演じます。
1
見どころ1
笛、太鼓の演奏に合わせ大人と子どもが手踊りと獅子舞の2種類を舞います。
25
28
見どころ2
他にないスピード感と迫力が圧巻です。舞の最中天狗がいたずらしたりする姿も楽しい。
14 10
見どころ3
①祇園囃子(獅子が田畑を荒らし村人を苦しめている様子)
②きよもり③よしざき(腕利きの村人がこん棒を手に獅子と争うが中々討ち取ることができなかった。そこへ天狗が現れ獅子を惑わしようやく討ち取ることができた )
④獅子殺し 切り返し(村人は喜び手柄話に花を咲かせるが討ち取ったはずの獅子が生き返ってしまった)
⑤薙刀(村のなぎなた名人は再び大獅子に立ち向かう。天宮大明神の天狗から薙刀を授かり死闘の末ついに獅子を退治する
6
17 22 19 23
20
お祭り開催の二百十日(立春から数えて210日目)の時季は稲の開花結実にあたりますが台風襲来が相次ぎ農作物が被害を受けてしまうことがよくあり昔から農家の厄日とか荒れ日などといわれています。
しかし村人の思いは天に通じ雨が降ったりしても獅子を舞う頃になると必ず晴れるといいます。
大獅子は悪者に見えるが民話神話世界の霊獣でもあり殺すのではなく獅子に宿った災厄を祓い除くための祈祷でもあり五穀豊穣、家内安全を願い氏神の天宮大明神に獅子舞を奉納しています。
26
8
29
今年新調した桐一刀彫りの漆塗り獅子頭 作れる職人は現在高山に一人のみらしい
30
右は今まで使っていたもの

この獅子舞は数年前までは寄合渡地区の人たちだけで舞っていましたが少子化に伴い奈川全戸の子どもたちに呼びかけ繋いでいます。
外に家を構えている若い世代も祭りの数ヶ月前となると仕事を済ませてから練習と次世代を担う子どもたちへの指導のため実家に帰ってきます。
親から子そして孫たちへと代々受け継がれてきた奈川の宝「奈川獅子」を絶対に絶やしてはならないという熱い思いがあり氏子と寄合渡壮青年たちは強い絆で結ばれています。

日時:9月第一土曜日午後8時から ※以前は二百十日(9月1日)
場所:長野県松本市奈川寄合渡地区の氏神「天宮大明神」境内

奈川本流金原砂防堰堤魚道の紹介です

岩魚や山女魚(サクラマス)を対象とした渓流釣りも9月に入り後一ヶ月で禁漁となりますね。
今回は奈川地区の金原砂防堰堤と魚道の役割を紹介したいと思います。
18
写真(下流から見た金原砂防堰堤と魚道入口)
2
写真(金原砂防堰堤上流から)

国土の約7割を山が占めている日本は夏から秋にかけて梅雨や台風等で大雨が降りやすく山が崩れて土砂災害が起きやすくなります。
砂防堰堤(ダム)とは、こうした土砂災害から住民の命や財産を守るために行われている事業です。つまり金原砂防堰堤も大雨などで川が増水し水の力で川底や川岸の土砂が大量に削られそれが下流に運ばれて土砂災害を引き起こすことを防ぐ目的で昭和34年に造られました。
1
奈川は梓川水系奈川渡ダム(梓湖)で育った60cmオーバーの山女魚(陸封型サクラマス)や岩魚が遡上することで知られています。
しかし遡上する上流には高さ約18mの石積みの金原砂防堰堤があります。
昭和58年の災害で甚大な被害に見舞われた奈川地区はこれまで砂防施設の整備を進めてきましたが金原地区から上流本流筋には魚道は設置されていませんでした。
松本砂防事務所はこれからは環境に配慮した整備を進めていく必要があると漁業組合、地域住民と連携して魚道の整備に着手し堰堤上流にも産卵遡上させるための魚道が平成25年7月に完成し現在に至っています。

魚道の少し下流域から金原砂防堰堤までの間は遡上魚を守るため渓流釣りができる期間(2月16日から9月30日)でも禁漁(魚を捕ってはいけない)となっていますがこの魚道、実は渓流魚を観察できる窓が2カ所設置されています。
この観察窓も時間が経つと苔や泥などで汚れ見づらくなってきます。普段は漁業組合が定期的に清掃をしていますが今回、ながわ観光協会は安曇漁業協同組合に申し出て9月1日に金原砂防堰堤魚道周辺の草刈り、窓の清掃活動を行いましたのでその様子をご覧ください。
また鳥屋沢の常連でベテラン釣り師TさんとNさんに声をかけたところ普段楽しませて頂いている川に感謝の気持ちもあるのでとボランティアで清掃に協力した頂きました。感謝。
4
写真(大きい観察窓前)
5
6
写真(清掃前)
7
写真(最初の観察窓から上流の大きい観察窓)
8
写真(魚道最初の観察窓)
19
清掃のため水門を閉め泥抜き 小さな山女魚とウグイが泳いでいます。おっと急がないとね。
17
観察窓の近くにアシナガバチの巣が!危ない危ない、これはお魚さんの餌になって頂きましょうの撤去
9 10 11
13 14
15
渓魚たちはここを登り
16
金原堰堤の壁面に開けられた穴から上流に遡上します。
3
堰堤上はこんな場所で野麦峠や境峠へから流れる川へと続きます。
12
魚道周辺の草も刈りブロワーもかけ道も観察窓も綺麗になりました。
協会員各位 お客様のTさんNさん、お疲れ様でした。
子どもたちも安心して楽しめる安全な場所で観察窓付きの魚道は私の知る限り長野県内唯一(松本砂防事務所管轄)ですので是非、サクラマスや岩魚の「遡上ウォッチング」にお越しください。

以前、FM NACK5「サンデーバース」ケイザブロウ十番勝負のサイトもご覧ください。
ワシタカの渡りをはじめとするこれからのシーズンの魅力も満載です。
ケイザブローさん、その節はお世話になりました。

http://sundaybirds.com/10ban/03/index.html

サクラマスや岩魚の気持ちになって遡上

信州奈川夏の新そばシーズンがやって参りました!

冷やし新そば始めました!
28夏袋
残暑厳しい日が続きますね。そして台風の勢いも心配な季節ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、そば好きの皆様お待たせいたしました。標高1,000m以上の奈川で育った夏の新そばが解禁となり鳥屋沢でも今日8月27日(土)からお出ししております。
28夏新打ち立て
新そばならではのいい色でしょ。
ちょい試食、うん、うん、うん美味じゃ-!
生産者の方に聞くと今年の夏そばは豊作だったようです。色よし味よし香りよしの三拍子揃った都会マイナス10℃の快適な信州奈川の新そばを是非食べに来てください。
詳細は宿泊プランをご覧ください。

各そば店では8月6日(土)~8月28日(日)まで「夏のそばまつり」を開催中です。期間中協賛宿泊施設(もちろん鳥屋沢も)にお泊まり頂いた方はそば屋で利用できる200円の割引サービス券を進呈しております。割引サービス券の有効期限は9月30日(金)までです。
28夏そばまつり割引チケット

雪不足モヤシ訪ねて15㎞果たして果たして

さあ、今年もこのシーズンがやって来ました。
私たちはこの究極の山葵のことをモヤシ山葵と呼んでいます。条件として標高が高く雪の積もった沢が雪洞状態になり直射日光があたらずその中で育った白い茎の山葵のことを言います。香りはもちろん口にすると頭の中で辛さが三回転ひねり?のウルトラC!鼻からツーーーーーーーーンと抜けるアクのない超爽やかな辛さです。
と言うことで今年も山へ向かいます。今季は雪が少なかったので例年より二週間ほど早く行きました。
IMG_8168
毎年ながら崩落でここから先は歩きです
IMG_8177
途中雪は少し残ってますがほんと少ないですね
IMG_8172
乗鞍岳を拝みながら一休み
IMG_8187
1時間半ほどで現場に到着、残念!予想はしてましたがやはりスノーブリッジ天然雪洞にはなってません
IMG_8182
今回はスパイク付きは必要なかったですね(毎度のパートナー親方)
IMG_8185
素晴らしい山葵畑、今年はモヤシではありませんがここの山葵は里で育ったものとは別格。折角来たので山の恵を頂いて帰ります
IMG_8191
帰り道、なごりホウケンボウチョウ(蕗の薹)を今夜のアテに
モヤシ山葵1
瓶を煮沸して仕込みにかかります
モヤシ山葵2
泥や唐松の葉やゴミを水で洗い流します。これが一番の手間です。毎年葉だけ摘んできます。根を掘ってしまうとあっという間に絶えてしまうから。山の恵毎年を楽しみたいですからね。
モヤシ山葵3
熱湯にサッと水を差し山葵の葉を入れ橋でクルクル三回転。それをザルに取り瓶に詰めていきます(茹で上げてしまうと辛味のないお浸しになってしまいます)
モヤシ山葵4
完成!常温で一晩冷まし冷蔵庫で保存。
明日が楽しみ、山の神様 ありがとうございました。
wasabimoyasi
因みに雪洞の中だとこんな風に茎が白いモヤシ山葵となります(一昨年の画像)
moyasawasabi
これも一昨年の画像。モヤシ山葵だと一晩寝かせると紫色になりこれが究極なんです。
来年に期待です。

運動不足ですね。往復約15kmの歩きで翌日やっぱり筋肉痛。そして今日は町会の道普請、肩腰背中がパンパンのじいさん状態で作業してました。
さあ、山菜シーズンはこれからが本番。コゴミやタラの芽、イラ、こんてつ(コシアブラ)も今年は早そうです。

新奈川温泉鳥屋沢の野沢菜漬け

野沢菜漬けの季節がやって来ました。本当はもう少し早く漬ける予定でしたがバタバタと忙しく雪の日に。
DSCF7191
先ずは水洗い
DSCF7187
流石に手が冷たいです
DSCF7245
今日は朝から雪が降ってます
DSCF7220
洗い終えた野沢菜を漬け込んでいきます
DSCF7302
DSCF7287
塩漬け、味噌漬け、醤油漬けとありますが若女将の担当は醤油漬け
DSCF7314
野沢菜漬けは鯖缶との相性も抜群!漬かるのが楽しみです。
一旦止みかけた雪もまた大粒に。
さて、また雪でも掻きますか。。。

奈川松茸豊作祈願今年は当たり年か!

茸は発生時大量の水分を必要とします。つまり結構な雨量がないと不作。2015年8月初旬は天候に恵まれ?殆ど雨が降らず今年もあまり期待は出来ないと不安がよぎります。また松茸は地面の温度が18度以下になったときが茸を作るタイミングになると言われています。
IMG_6639
9月初旬やっと待望の雨が降りました。台風一過晴天が続き期待と不安で入札山に入ります。
IMG_6669
急斜面をひたすら登り最初のシロ。これは期待できそう。
IMG_6644
こんな場所にも松茸は生えます(こんな場所の方が多いかも)ロープを張り気をつけて下ります。
IMG_6650
よし!
IMG_6657
いい感じですよ。
IMG_6673
山中間であり私の兄貴分Kさんもご満悦。
IMG_6675
昨年は必ずと言っていいほど行き会ったクマさんですか今日はこれだけ。熊棚もあり準備は着々と進んでいるようです。
IMG_6677
嬉しいウシビテ(クロカワ)と
IMG_6693
コウタケ。
IMG_6680
そしてタマゴタケ少々とボウズ(ショウゲンジ)が爆発!
IMG_6697
IMG_6698
IMG_6696
今期は発生条件がタイミング良く揃ったようです。
事故も怪我もなく無事山から戻れたこと。豊作であったことに感謝です。
山の神様ありがとうございました。

野麦峠まつりに向けて

5月24日(日)信州奈川にて第33回野麦峠まつりが開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。
第33回野麦峠まつりチラシ
まつりに先駆け記念山行場所を散策してきました。写真メインのレポートですので是非野麦峠まつりにお越しいただき実体験を。新緑が素晴らしいです。
ここからスタート
看板
わさび沢入口
記念山行スタート地点のわさび沢です。野麦峠山頂までここから約1.3Kmです。
熊笹のわさび沢
野麦はクマザザのこと。クマザザに覆われた峠でもあります。
オオカメノキの花
ムシカリ(オオカメノキ)の花が綺麗でした。
カラマツとモミジ新緑
新緑のカラマツとモミジのコラボ。
給水の湧き水
この湧き水がとても美味しいのです。しばし休憩。
後もう少し
ここから先はカラマツからブナ林になります。
ブナ林
ブナ林
ブナの倒木
ブナの倒木
朽ちてなお生き続ける
朽ちてなお生き続ける生命力
鮮やかなブナの葉
美しい!
峠の地蔵に手を合わせ
山頂付近の石仏に手を合わせ
残雪の頂上付近
残雪
山頂石碑
着きました
晴れていたら乗鞍が
晴れていれば乗鞍岳が綺麗に見えます
野麦峠桜
標高1672mの野麦峠にはまだ桜が咲いていました

皆様、5月24日に開催される「第33回野麦峠まつり」に是非お越しくださいませ。新緑が気持ちいい旧野麦街道わさび沢を工女たちと一緒に歩いてみませんか。
明治から大正時代に野麦峠を通って岡谷の製糸工場へ向かった工女たちを偲ぼうと始められた記念山行です。 当時工女たちが故郷へ帰ることが出来るのは年の暮れ。標高1,672m冬の野麦峠を越えるのは大変厳しく困難だったと聞きます。そんな中、家族に想いを寄せ再会を心待ちにして越えていったことでしょう。 近代日本の殖産産業を支え誇りと自信を持って製糸工場で働いていた工女たちに想いを馳せ、歴史を感じながら山行を楽しんでいただけたらと思います。
詳しくはこちらのパンフをご覧ください↓

第33回野麦峠まつりチラシ